Lilypie 4th Birthday PicLilypie 4th Birthday Ticker

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい知らせ・・・&体操教室 

今日のお昼頃、日本の実家の母からTEL。
開口一番、
『ちゃーちゃんねぇ、死んじゃったよ…』

『ちゃーちゃん』は実家で飼っていたネコ。
数日前から急にほとんど動けなくなって、食事もほとんどできなくなってました。
今日母が獣医に連れて行ったのですが、老衰だろうとのこと。
そのまま家に連れて帰って来て、カゴを開けたらすでに息をしていなかったということでした…

私が中学生の時、道路に停めてあった工事用の車の内部に入ったまま出られなくなってた彼女を友達と助けて、そのまま私が家に持って帰って飼い始めたんです。
まだとっても小さな子猫でした。

その前に従姉が飼えなくなった『チャーリー』という猫を飼っていて、『ちゃー』と呼ばれてたんですが、その猫が行方不明になってすぐのことでした。
なので、彼女の名前もそのまま『ちゃー』になって、私はよく『ちゃーち』って呼んでたんです。
それが私のHNにもなってます。

あれから約17年。
ほんとによく長生きしてくれました。
私が日本を離れてからは、1,2年に1回会うぐらいだったけど、いつもと変わらず迎えてくれました。
とーっても臆病なネコで、家族以外の人には決して近づかなかったけど、不思議とマメくんにはすぐに慣れました。
『ちゃーち』にまつわる思い出は尽きません…

悲しいけど、長生きしてくれて楽しい思い出を残してくれてありがとうって気持ちの方が強いかな。
それは私が彼女の最後の姿を見ていないからかもしれないけど。

20070202004320.jpg
ちゃーちゃん、またどこかで会おうねっ!!
(デジカメ写真がなくて紙写真を写したのでちょっとピンボケですが…
鼻の横から斜めに入った白い線が私のお気に入りでした)



そんな訳でちょっぴり悲しい母ですが、ふたごっちは今日も元気いっぱい♪

続きを読む前にポチっとしてくれると嬉しいです♪
 ふたごランキング投票
昨日偶然にも毎週木曜日に市内のスポーツクラブ主催の体操教室のようなものがあることを知り、最初の3回までは無料ってことだったので本日さっそく参加してきました。

初めての場所で知らない人が多くいるところは結構怖がるふたごっちなのでどうかな~と思ったけど、広い体育館に入ったら最初から大はしゃぎで走り回る走り回る。
フラフープで遊んだり、跳び箱と平均台で作った渡り廊下(?)も結構高さがあるのに私の手も借りずにスタスタ歩るくし(りなだけ。ちょっぴり慎重派のなみはハイハイで渡ってました)、1時間みっちり楽しんだ様子。
今日はふたごっちの他には3組の親子しかいなくてちょっと寂しい感じでしたが、私も地元のママさんと少しずつ交流もしていかないとな~なんて思っていたところだったので、これからも続けていこうかなと思ってます。

昨日はこちらでも書いた1年前から通っている幼児教室が再会。
1ヶ月半ほどブランクがあったせいか、こちらは教室に入る前にりなに『おうちかえる~!!』と思いっきりゴネられ大変でした。
やっと教室に入ってもしばらく私にくっついてたし。
後半は慣れて、私が離れても楽しそうに先生のマネをしたり、去年できなかったこともできるようになっていて成長を感じました。

しばらくは、この幼児教室と体操教室がふたごっちの主な活動になりそうです。

↓昨日の午前中、マメ母がマメ姉の子供(ふたごっちの従弟)を連れて遊びにきたときの動画。


ふたごっちが乗っているのは、クリスマス前に購入した4輪のスクーター(スケーター?)。
ドイツではRollerと呼ばれています。
4輪で安定してるせいもありますが、結構初めからスイスイ漕いでます。
マメ母がいつもハンドルのところに赤ちゃん人形をひっかけるのですが、最後になみが、

『Baby, Baby, Baby, halt dich fest!』
(ハルト ディッヒ フェスト=ちゃんとつかまって!)

なんていきなりちゃんとしたドイツ語で言ったので(ちょっと舌足らずな感じですが)、母はビックリ。
マメ母かマメくんがよく言ってるのを丸覚えしてたんだと思いますが、ちゃんとどういう意味で使うのかわかってるんだなぁと感心しました。


←ドイツでは超有名なボビーカーと同じBIG社のものです。


☆★☆サギサカ【オークス】キッズスクーター バギー(BUGGY)
↑日本では4輪のものはないのかな?3輪でも安定性はありそうですね。
キャラクターものが多い中で、これはなかなかかっこいいなって思いました。

スポンサーサイト

コメント

ちゃーちさんってニャンコちゃんの
お名前だったのですね。
同じ愛猫家としてお気持ち本当にわかります・・・。
17年間、本当にちゃーちゃんが
ちゃーちさんの癒しだったのだろうなぁと、そして家族そのものだったのだろうと、お気持ち痛いほど痛感します。
ご冥福をお祈りします。

心の痛みが伝わる日記でした。

偶然ですが私の実家でも大切に大切に飼われていた子(ニャンコ)の名前がちゃーちゃん。びっくりしました。
そして私がずっとここで飼っているネコは今日が誕生日。15歳です。
彼(うちのネコ)も歳なんだな~なんてちゃーちさんの日記を読んでて実感。ちょっと切ない気持ちになりました。
またいつかちゃーちさんの「ちゃーちゃん」にも会えますよ。
元気をだしてくださいね。

あたしも愛猫家の一人です。
家族の死って本当に悲しいものですよね。
ウチの実家の猫は3匹とも5歳前後です。野良ちゃんだったので・・本当の誕生日は不明。誕生日は出来ないけど年に1回の予防接種が誕生日みたいなものかな。猫ちゃんにはイヤなことだけど。

片足でよくバランスをとってもう一方では蹴って・・すごいですね。

猫ちゃん残念です・・・家族として一緒に過ごしてきて、想い出もいっぱいあると思いますし・・・亡くなるっていうことは、とても悲しいことですね。うちの実家に3匹の猫と、わんこ1匹がいます。一番お姉ちゃんの猫はそろそろ14歳です。がんばって長生きして欲しいです・・・

ふたごちゃんの教室、2人とも楽しんでるみたいですね♪ローカルママとの交流もがんばってください!!!

ちゃーちさんのHNの由来って
愛するネコchanのお名前からきてたんですねーそうなんだぁ・・・
ちゃーちさんの日記読んでたら何だか私まで胸がキュンと痛くなりました。
17年間、頑張ってくれたんですねー
たくさんの思い出を残してくれて。
きっと空からちゃーちさんのこと見守っててくれると思います☆
動画可愛いですね!なみchan、ほんと
ちゃんとドイツ語話してる~!!凄い!
幼児教室や体操教室、うちもナニカさせたいなぁ~って思っちゃいました!

猫ちゃん

17年の大往生はすごいですね。私の家にも犬がいましたが、13年間生きました。買っていた種類の犬は10年間くらいが寿命と聞いていたので長生きしたな、と思います。動物はいかわいいですが、やっぱりいなくなるととても寂しいですよね・・。

体操教室いいですね!私は小さな頃色々習い事させてもらいましたが、大きくなってから思ったのが、水泳と体操教室に習わせてほしかったです~。今になって、水泳は泳ぐのが下手、体操は体が硬すぎる・・。母親が両方とも連れていってくれたそうですが、とても怖がって、習うのをいやがったそうです。。

それは悲しい出来事でしたね。私も去年日本に帰ったとき、あと3日で実家に戻るというところで飼い猫があの世へ行ってしまいました。悲しかったけどもう苦しい思いをしなくてよいので(癌でした)猫ちゃんにとっては早く向こうへ行けて幸せだったのかなと思います。

思い出は残るのでそれを大切に!

ちゃーちちゃんって猫ちゃんの名前だったんですね。ペットも家族の一員って、本当にそうなんでしょうね。私も昔飼っていた手乗り文鳥がどこかへ行ってしまったとき、ホントに悲しくて3日間ぐらい立ち直れませんでした・・・。動物は子供と同じくらい可愛い・・・。いや、子供より可愛い瞬間があるかも!?
なみちゃん、しっかりドイツ語はなすんですねー!当たり前かもしれないけど、すごく感心しました!!私、ドイツ語なんて、「こんにちは」も知らないかも!

marieさんへ

ありがとうございます。
本当にペットは家族の一員ですよね。
ちゃーちゃんはいつも母と同じ布団で寝ていてそれこそ親子みたいだったので、母が一番つらそうです。
でもちゃーちゃんが家族でいてくれて本当によかったな~って思ってます。

チキータさんへ

ええっ!チキーターさんのご実家のネコちゃんもちゃーちゃんなんですか?!
それはビックリしました~
そしてチキータさんご自身もネコちゃん飼ってらっしゃるんですよね。
15歳のお誕生日を迎えたんですね~
元気で長生きして欲しいですね!

離れているとなんだか死んでしまったという実感がなくて、これからもちゃーちゃんはずっといてくれるような気がしています。

なっちさんへ

なっちさんもネコちゃん大好きなんですね~
うちのちゃーちゃんも誕生日はわからずじまい…
今知ったんですけど、ネコちゃんも予防接種ってあるのですね?!
うちぜんぜんやってなかったですよΣ(゚Д゚ υ) アリャ

一昨年は私の父が亡くなり、ニャンコもいなくなってしまって母が一番つらそうです…

よつ葉さんへ

動物を飼えば、その死を目の当たりにするのは避けられないことだけど、やぱり悲しいですよね…
うちは犬も飼っていて、10年ほど前に亡くなりました。
そのときは私も一緒にいて、犬は動けなくなって安楽死だったのでつらかったなぁ…

よつ葉さんのご実家のネコちゃんやワンちゃん、長生きしてくれるといいですね!

harukaさんへ

ちゃーちはネコだったのですよ~
離れて暮らすようになってからもう長いので、いなくなってしまった実感がなくて、これからもずっと一緒のような気がしてます。

ドイツは日本に比べると習い事って種類が少ないんですけど、できる範囲でなにかやらせてあげたいなって思ってます。

maamiさんへ

ニャンコを拾った当時は、まさか自分が30過ぎるまで生きててくれるなんて思っていませんでした。
いなくなってしまうのは寂しいですけど、天寿をまっとうできるのは動物としては幸せなのかな…とも思います。
maamiさんのご実家のワンちゃんも幸せな13年間を過ごしたのでしょうね。

水泳と体操ですか。
ドイツには水泳教室ってあるのかな?
日本ほどメジャーではないような気がします。
私は小さい時ほんの少しバレエをやって体が柔らかかったんですけど、今じゃガチコチですよ…泣

みのりさんへ

みのりさんも愛ネコちゃんの死を経験してるんですね…
癌はつらいですよね。
うちのニャンコも名前を呼ぶとかすかに反応はあるものの、ご飯も食べられなかったようなのでそれほど苦しい思いをしないで済んだのは(憶測でしかわかりませんが)よかったかもね、と母と話をしました。

思い出、本当に大切にしたいです。

メイン家のママさんへ

ママさんの文鳥ちゃん、いなくなっちゃったんですね…それはすごく心配だし、悲しいですよね、立ち直れなかった気持ちすごくよくわかります。
ペットは子供みたいにはダダこねませんからね~(笑)

なみはまだまだドイツ語を話すって感じじゃないですけど、どんどん吸収はしていってるんでしょうね。
たまたまドイツで生まれたのでドイツ語ってだけでして。私は英語をしゃべる子供を見ると、おぉ~と感心してしまいます(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachi.blog20.fc2.com/tb.php/285-335e680f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。