Lilypie 4th Birthday PicLilypie 4th Birthday Ticker

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムッカ~ 

更新までちょっと間が開いてしまいました

風邪気味だったり、今ちょっといろいろと欲しいものがあって毎晩ネットで調べたりしてるうちに今週もいつの間にか金曜日…って感じです。

久々の更新なのに愚痴になって申し訳ないんですけど(しかも長い)、どうしても言いたいので言わせてください!!

続きを読む前にポチっとしてくれると嬉しいです♪
 ふたごランキング投票


今日、久々に私一人でふたごっちを連れてスーパーに買い物に行きました。(普段はマメくんが買い物に行くことが多いんです)

スパーで、子供用のレインジャケットが9,99ユーロで売ってるのを見つけて、日本円にしたら1400円ほどなんですけど、結構お買い得かなと思って2着買うことにしました。

レジで会計をすると、そんなに買ったつもりもないのに妙に金額が高くて支払いを済ませた後、レシートをチェック。
そしたら9,99ユーロのはずのジャケットが14,99ユーロになってました。

おっかしいなぁ…と思って、もう一度売り場に戻って確認したらやっぱり9,99ユーロになってる。
それでさっき支払いを済ませたレジのお姉さんに金額が違ってることを伝えました。
お姉さんは隣のレジのおばさんに相談して、おばさんが「見てくる」と言って売り場の方に行きました。

ちょっとしてレジのお姉さんのところに電話が入って、たぶんジャケットの話をしてたんだと思うんですが、電話を切ってもなんのリアクションなし。
私は他のお客の邪魔にならないようにちょっとだけ離れてましたけど、すぐそばにいたんです。
そのうちお姉さんも並んでるお客さんを置いてどこかに行っちゃいました。

そのまま待ってたらお姉さんも、確認に行ったおばさんも戻ってきたんですけど、そのままレジに入ってレジ打ち。
私にはなんの説明なし。
そのうちふたごっちもバギーから降りたがってうるさくなったので、買ったバナナでなんとか落ち着かせてたんですけど、私もだんだんイライラしてきました。

そしたら、お姉さんがレジ越しにおばさんに、「どうしたらいい?」とか聞いてるんですよ。
なんじゃそら?と思っていたら、おばさんが私にいきなり「2セント持ってる?」って聞いてきました。

ふたごっちがうるさいので早く帰りたかった私は、あんまり深く考えないで、なんだちゃんとお金戻ってくるんだ、2セントだせば小銭じゃらじゃらしないで済むもんねと思っておばさんに2セント渡して、お札を受け取って、やっぱりドイツ人って「待たせてごめん」の一言も言えなんだねーと思いながらそのままお店を出たところで…


あ、ジャケットお姉さんのところのレジに置いたままだった…

間抜けだな~なんて思いながらまたお店に入ったところで気がつきました。

私さっき、全額返金されたんだ…

ってことは、ジャケットは取り上げされた?
だけど私、どっちの金額が正しかったとかなんにも聞いてないよ?
買う買わないは客が決めるんだよね??

ここでメラメラと怒りが湧いてきました。

大人しく待ってたから舐められたのか?
そして悲しいかな、やっぱり思ってしまうのです。
私が外国人だからバカにされた?って。

もちろんお金を渡された時に金額に気づいてその場で「どういうこと?」って言えばよかったんですけど、まさかこういう対応をされるとは予想もしてなくて、私はてっきり差額分だけ戻ってきたって思い込んでたんですよね。
それに客が聞かないからってなんにも説明しないっていうのあり得ないですよね。

後からでも抗議しようかどうか正直迷いました。
でもふたごっちがすでに限界だったのと、こういうことを平気でするような店員はまともに聞いてくれないかもしれないし、正直口も聞きたくないって思って、そのまま帰ってきちゃいました。

でもやっぱり胸のうちは収まらなくて…
やっぱり一言言ってくればよかった、と後悔も少し。

仕事から戻ってきたマメくんに早速愚痴って、それでもなんかモヤモヤしててここにも書いちゃいました。

まぁね、サービス精神なんてほとんど欠如してる国だから、こんなことってよくあることなのかもしれない。

昨日会った友達も、10年保証のついてるケーキ型が一度使っただけで端っこがちょっと溶けた感じになったとかで、お店に交換に行ったら店員に「あなたが傷つけたんじゃないの?」って言われたんだそうです。
ほんと日本じゃありえないですよねー。

久しぶりに日本に里帰りすると、日本のマニュアル通りのちょっと機械的な感じさえする接客対応に少し違和感を感じたりもするけど、こういうトラブルを身を持って体験すると、日本のサービスってやっぱり最高、ドイツ人はみんな一度日本で働いてみるべき!!なんてことまで考えたりしちゃうのです。

でもまあレインジャケットは衝動買いみたいなものだったし、30ユーロ、もしくは20ユーロ、無駄使いしなくて済んだんだし、と前向きに考えて(笑)、気持ちを切り替えることにします。

やたらと長くなってしまいましたが、愚痴につきあってくださった方、ありがとうございました♪


↓写真がないとなんか寂しいので、今日のお散歩のひとコマを
20060825001800.jpg
↑道端のブラックベリーが熟れていたのでつまみ食いのりな。

20060825001829.jpg
↑久々に日差しが強くて頭が「あっち~」のなみ

20060825001702.jpg
↑そこかしこにあるりんごの木。だいぶ色づいてきました。
秋ですねぇ… 今年は豊作みたいです。
スポンサーサイト

コメント

わかりますよぉー、ちゃーちさん。
私も読みながらムラムラと怒りがこみ上げてきました。だって、ここアメリカでもサービスの質の悪さという意味では本当にちゃーちさんのおっしゃるところのドイツと似ています。 「こんなこと日本では絶対に絶対にあり得ない」ことが平気で起こる国。お客さんがレジの前に来ても平気で仕事仲間とガムくちゃくちゃかみながらお喋りに花をさかせる店員。電話の対応も子供だってもっとマシな対応するでしょう・・・っといいなくなるような幼稚な対応を平気でするカスタマーサービス。 いいだしたらキリがありません。
血管が煮くりかえる~!っていう感じですよね。日本はサービス業という意味では世界でもトップクラス。それになれてしまっているから余計でそう感じます。 
そして、ちゃーちさんにすごく同感なのは・・・・。そのまま無駄な時間を費やしてその軽率な態度をとりまくった店員さんと喧嘩することなく帰ってきたこと。 時間と労力の無駄ですものね。
そんな人に「いいたいことは言ってやらないと」とか「しらしめてやらないと」は通用しないもの。「これでよかったんだ」くらいに考えて帰ってくるのが一番賢いですよ。私も、日本ではクレームするようなこともここ、アメリカではよっぽどのことがない限りはしません。でも、イライラをおさめるのって大変ですよね。2人のチビちゃんを連れて買い物に出て、怒りを抑え帰ってきたちゃーちさんは偉いです。 お疲れさまでした。 

そりゃー、むかつきますよね!
ちゃーちさんが外人だから馬鹿にされたっていうのも一理ありそうですね。
日本だったらありえない!!!!
昔、クイックルワイパーを買って、全然取れないからライオンに文句の手紙だしたらすぐに担当者から電話がかかってきて謝罪にくると。当時私は働いてたので断っても何度も電話があり、最後はライオンの歯磨きセットがきましたw
あとはデパ地下の惣菜が消毒の味がして(旦那も同じこと言ってた)メールを送ったら、やっぱり謝罪に来たいと。
来られるのは迷惑なので断りましたけどね。。
あ、決して私はクレーマーではありませんよ(笑)
日本のサービスってすごいですよねぇ。
スチュワーデスも日本が一番親切ですもんね。
アメリカの飛行機なんてスチュワーデス、怖かった~

はじめまして

フランクフルトに住み始めてからこちらにはよくおじゃましています。ふたごちゃんの母だと、毎日大変ですね。でも、ちゃーちさんの愛情いっぱいにすくすく成長させているようで、ほほえましく成長を拝見させていただいています。
今回はいやな思いをされましたね。
先日、近所のスーパーで買物した時、ほんの少しですが、多く取られたのに気づきました。私はまだドイツ語がほとんど離せないので、「これは○ユーロだったと思うのですが・・・」なんて言えません。レシートを指差して「○ユーロ?」レジのオバサンは金額を確認し、「データが間違ってたわ。今途中の人の精算を終えるまで待って」というような事をジェスチャーとともに言い、キャッシュボックスが開いた時点で「Entschuldigung」と言って過払い分返金してくれました。
ちゃーちさんの経験は、ドイツではよくあることのようですが、こんな人もちゃんといるよ~と言うことで・・・。
近々、もっと素敵なレインコートがお得に手に入ればいいですね。

ムッカ~~~~!!

腹立ちます!!読んでてその店員の無愛想な対応が目に浮かんでしまいホントにムカムカしちゃいました!!
私が以前H&Mで買い物をしたときに、同い年くらいの店員さんがちんたら他の店員とペチャクチャ話しながらレジを打ってて、急いでいた私は『ちょっと~』と思い棚をコンコンと叩いたんです。そしたらその店員、すごい形相でレシートとおつりを私に投げつけて来たんですよ~!もう腹が立って、お返しとばかりにそのレシートを丸めて投げつけて店を出て行きました(笑)
ドイツ人の接客が悪いのには慣れることができません。私自身接客のバイトをしていたのでそう思っちゃうのかもしれませんが…
『スマイル0円!』で少しは頑張ってほしいです~~ッ!

同感です!

ちゃーちさんはじめまして。いつも読み逃げばかりしていましたが、初めてカキコさせていただきます。私はドイツに住んで7年ですが、同じような経験何度もあり、何度爆発したことか・・・本当にムッカーですよね。そんな経験をする度に私もよく、”ドイツ人は日本で研修するべきだ!”と思ったりして・・・。初めは抗議する勇気がなくショボン・・・と家へ帰り、一人でムカムカしていましたが、今では度胸も付き、ドイツ語も多少上達したので文句を言えますが、ドイツ人の接客態度には未だに慣れずにいます。
双子ちゃんの日記いつも楽しく読ませていただいています。これからの日記も楽しみにしてますね。

スウェーデンでも・・・

はじめまして。
突然ですが私も共感するので一言書かせていただきます。
すみません、のひとことがどこにいってもまっっったくありません。
ほんとにいい加減だし、なめられてるのかなあと思うことがよくあります。

はじめまして!

プーママさんの所から遊びに来ました!はじめまして~!!

ドイツってそうゆうこと多いですよね~。
もうおおすぎて何も言う気にならないくらい...です。我が家は、電話代&インターネット代の一番初めの引き落としで3万円ほどダブルで引き落とされ、苦情を言いに行ったら、今日は返せないの一点張り。
それじゃ困ると旦那がぶちきれた所、シブシブしょうがないわね~といった感じで返却されました。
すいませんの一言もなしに...。
こういうので日本のサービスが恋しくなります!!

ちーちゃんさん一緒に頑張りましょう~!!

むかつきますね~

分かります! やり場の無い怒り@スーパー編i-191
私もドイツ&スペインで、どんな嫌な思いをしたことか・・・。
全く、もうちょっとサービス精神というものを持って欲しいですよね!
お客さんから儲けるお金で働いてるんだからe-2
と、私もカッとなってしまう他人事とは思えない話です。

おかげで、徐々に私も cara dura 症候群が発病しつつあります。
ほんと言いたいこと、堂々と言っちゃったり・・・。
これ、ヨーロッパに居る間は良いですが
日本に戻ったときは、社会にそぐわない人になっちゃう可能性大だから
気をつけないといけませんねe-351

それにしても、ちゃーちさんのお怒り
私が変わりにぶつけに行きたい気分です。

わかります。ドイツ人って(って限定することもないですが)本当に接客態度悪いですよね。
外国人だからなめられてるのか、それとも誰にたいしてもそうなのかは分かりませんが、かなりかちんと来ることありますよね。
7ユーロの物を買う時におつりに小銭が嫌なので12ユーロ払おうとすると2ユーロは受け取ってもらえないどころか突き返されたりしますよね。で、その後に3ユーロもどってきて…。こんな値段の聞き取りも出来ないのか、このばか外人は。って顔されますけど、言ってやりたい。バーカバーカバーーーーカ!

ニュージーランドでも!

一緒です~!!!
ちゃーちさんのお気持ちもとっても良く分かります!!!
Sorryとか、悪かったとか言わないにしても
お客さんに対する態度が最初から何か間違っている!
と感じる事多々あります!!!
宣伝文句には癒しの国~♪とかいわれていますが、
ストレスの国~(-_-;)と思う事しょっちゅうです・・・。
そして、店員に文句を言う事さえ子供達を連れていると
疲れてやめる気持ちも本当に理解できます・・・。

ちゃーちさん!サービス大国日本から北私たちにとって、海外のサービスの質の悪さには時折驚かされますよね!!私もそういうことしょっちゅうありました。・・・過去形なのは、今は断固としておかしいものはおかしいと主張することにしたから、もうそういうトラブルはほとんどなくなったってことです。この前も、ポテトチップスを買ったら全く味がしなくて、即電話を入れました。次の日に商品券が送られてきて一件落着。各会社にはカスタマーサービスがあるはずなので、店員さんともめずに家に帰ってからきちんと事情を説明するほうがいいと学びました。でも、子供がいると「もうどうでもいいや~!!」ってなる時ありますよね。よーくわかります。ちゃーちさんのムッカー!ほんとによくわかりますよ。今からでもおそくない!お店のカスタマーサービスに電話、もしくは手紙を書いてみたらいいかも!?

え~!!こんな感じなんですか( ̄∀ ̄;)
みなさんも同じこと言ってますもんね・・・
日本では絶対にありえませんよね
日本人ならちゃーちさんの怒りは伝わるはず
誰でも同感ですよ!!
そんなのに負けないでくださいね!!!

ムカ・・・(δ_δメ)>

本当に、こういうこといっぱいありますよね。
日本に帰ると、すっごく親切だから、かえって申し訳ないなァと
思ってしまうくらい。。。。
たま~に、親切な人もいますが、今回の件は
なんの説明もないなんてひどすぎる!!
子連れで買い物、しかも双子ちゃんなのに、その大変さを
わかれ!!って言いたくなりますね。
わたしも、自分がドイツ語できないのが悪いと思いますが
お釣りを間違えられたり、病院の予約でキャンセルしたら
「もう予約は取れない」と一方的に切られたり等等
ちょっとしたストレスが積み重なっていきますよね
ブログに書いて、ちょっとでもちゃーちさんの気持ちがすっきり
すればいいなァと思います。
今度は、安くて素敵なレインコート、買えるといいですね♪

チキータさんへ

同じように感じてくれてうれしいです♪
アメリカの方がまだサービス精神あるのかな・・・と思ってたけど、そうでもないみたいですね(^^ゞ
喧嘩しないで帰って来たこと、なかなか嫌な気分は収まらなかったけど、チキータさんの言う通り、絶対に謝ったりしないような人だと思うから、きっともっと嫌な思いをしただけだろうと思うと、本当にそうしてよかったなって気がします。
あまり気にしないことですよね。

真実913さんへ

日本のそういうところはすごいですよね~
過剰って思うくらい(笑)クレームには敏感ですよね。
だいたいこちらでは、スーパーにカビが生えた野菜や果物がそのまま置いてあったりするくらいなので、完璧なサービスを要求すること自体が受け入れられるような国じゃないんだと思います。
もちろんそういう店員・お店だけじゃないとは思いますけどね。

まなさんへ

はじめまして!コメントいただけてうれしいです♪
まなさんはフランクフルトにお住まいなんですね~
かなりお近くですね!

私がドイツに来た当初なんてそんな風にレジの人に伝えることすらできなかったように思いますよ。すごいですね~
そのレジの人はとっても親切な人だったんですね。
確かに今回みたいな対応をする人の方が少数派だとは思うんですが、実際にこんな店員もいるんだーってことを目の当たりにしてしまって、やっぱりそういう国だよなぁ・・・なんて思ってしまいました。
フランクフルトには長くいらっしゃるのでしょうか?
よかったらまたお気軽にコメントくださいねっ!!

kleine_sさんへ

いやー、そのH&Mの店員、最低ですねー。
H&Mぐらいの規模のお店ならクレーム入れた方がいいかもしれないですね。でも店員とやりあうのはほんとさらにムカつくだけなんですよねー。
私も日本でファミレスのバイトを長くやってたんで、接客態度って妙に気になるんですよね。
レストランでもありえなーい!ってこと多いので。
でも、もう8年もいるとこんなもの・・・って慣れちゃってる自分もいます。

ショコラさんへ

はじめまして!コメントいただけてありがとうございます!!
ショコラさんもドイツにお住まいなんですね~
こんな拙いブログですが、読んでいただけてるなんて嬉しいです。

ショコラさんもいやな思い、たくさんされてきたんですねー。
私の場合、ほとんど記憶に残らない些細なことばかりだったのですが、今回の件ではほんとにこんな店員いるんだなーっ、こんなことが平気で起こる国なんだなーって再認識した次第です(笑)
ちゃんと抗議してるショコラさん偉いです。
抗議されたこと、少しは考えて反省してくれればいいんですけどね、そういう人だったら最初から客に嫌な思いなんかさせないかって気もしますよね。
ドイツに7年ということで私とほぼ同じですね!
よかったらまたお気軽にコメントくださいねっ!!

さやかさんへ

はじめまして!コメントいただけてうれしいです(*^^*)

さやかさんはスウェーデンにお住まいなんですね。
私は北欧には行ったことないんですけど、やっぱりそちらもそんな感じなんですか。
ほんと彼らは謝りませんよね。謝った方が負け・・・って考えなんでしょうね。
めげずに頑張りましょうね~
よかったらまた遊びにきてくださいねっ!

美奈さんへ

はじめまして!コメントありがとうございますっ!!
プーママさんのところから遊びにきてくださったんですね♪

サイトをちらっとのぞかせていただいたんですが、美奈さんもドイツにお住まいなんですね。
そうそう、電話代とかってけっこうトラブル聞きますよね。
うちもそういえばありましたっけ。
途中でどっちが被害者なのかわからなくなりますよね。
そういうものなんだって割り切っていくしかないんでしょうか?
頑張りましょうね~
よかったらまた遊びにきてくださいね。
美奈さんのサイトにも後ほどゆっくりと遊びにいかせていただきます(*^^*)

chiotaさんへ

chiotaさんもたくさん場数を踏んでそうですね~(笑)
スペインもやっぱりそうなのかな?
住んでた期間が短いせいか、あんまり怒りを感じるようなことはなかったなぁ。
cara dura症候群っておかしい(笑)。
でもほんとそうでもならないとヨーロッパでは生きていけないのかもしれませんね。
私はなんかもう諦めモードでどうせもっともらしい言い訳をしてきて謝ったりしないような人種なんだから・・・と思うように努めます(笑)。
もちろんなんらかの被害を被るときは別ですけど。
cara dura、確かに日本じゃ気をつけないといけないですよね~

maouさんへ

ドイツ人の接客態度、ヨーロッパでは普通なのかもしれないけど日本人にとっては最低ですよね。
郵便局とかでもそうだし。
やっぱり多少は相手によって態度を変えてるってことあると思いますよ。
7ユーロのものを買うのに12ユーロ払うっていうの、よく聞く話です。
どうもドイツ人の頭ってそういう風に計算する風にはできてないみたいですよ。
10ユーロ札をもらったら、お釣りは引き算するんじゃなくて、7ユーロに3ユーロ足したら10ユーロだから、お釣りは3ユーロっていう風に計算するらしいのです。
だから12ユーロ出す理由がほんとにわからない人が多いみたいですよ。

marieさんへ

NZでもそんな感じなんですか~
その宣伝文句の如く、なんだかみんなのんびりしててフレンドリーなイメージがありましたが・・・
皆さんの話を聞いていると、『お客様は神様です』っていうのは日本だけなのかな?って気がしますね。
それはそれで日本の美徳として続いていけばいいなとは思いますけど。
子供と買い物するってだけでパワーを使ってるので、店員と一戦交えるなんて気力ほんとになかったです(笑)

メイン家のママさんへ

すごい!ママさんは戦ってますね~
もちろん正しいことは主張すべきですよね。
でも買ってきた果物がすでに痛んでた・・・とかほんとにしょっちゅうでなんだかこういうことに慣れてきちゃってる部分もあるんですよねー。
とはいっても今回の件の店員の対応のようなものは今まで経験したことなかったのでかなり頭にきたんですけどね。
日本でいえばNTTのような電話会社にクレームを入れても、いろんなところにたらい回しにされて挙句にその間の高い電話代は客持ちということが普通の国なので、カスタマーサービスがどれほど機能してるのかも怪しかったりします。

あやさんへ

そうなんですよ~
日本だったらあり得ないなっていうことがしょっちゅうあるんです。
もちろんみんながみんなそうではないし、ベビーカー持って階段登ろうとすれば誰かがさっと助けてくれたりいいところもいっぱいあるんですけどねぇ・・・
なにかが起きない限り、一生暮らしていくかもしれないドイツなのでめげずに頑張りますっ!

プーママさんへ

ほんとひどいでしょー。
なんの説明もなく、私は蚊帳の外って感じでした。
たぶん子供たちをなだめるのに必死でお金返してもらった時は気もそぞろって感じだったんですよね。それでなんか差額は返してくれたからいいや~なんて思い込んで、明るく「Wiedersehen!」なんて言ってしまったおバカな私です。
きっと向こうも「助かった~」なんて思ったことでしょう。
ふたごっちが床に落としたバナナも綺麗にしてきたことすら後悔してます(笑)
一方的に電話を切るなんて問題外ですよね!!
そういう人って相手がドイツ人でもきっといつもそういう態度なんですよ。
そんな人のせいで1日気分を悪くさせられるのって割りにあわないなーっていつも思うのですが、やっぱりこちらが軽く流せるようになるしかないのかな?っていう気もします。
頑張りましょうね~

はじめまして!真実913さんのblogからオジャマしました
私も双子ママをしています、私自身も双子です

ドイツは一度行った事があり(義両親が住んでいました)引き込まれるよーに読ませていただきました

お客さんに対してのマナーの悪さ、ここまでとはっ!驚きました(´ε`;)

またオジャマします
 

わかります!

わかりますよ、ドイツ人のサービスの悪さ、ってか、サービスが無い!ほんと、日本にいって出直して来い!って感じです。

私も何度もこういう経験がありますが、アメリカで図太くなった精神の持ち主の為、文句はタラタラ言います。嫌な日本人です。でも、言わないと調子に乗って丸め込まれてしまうのよね、ドイツ、、、。

ちたさんへ

はじめまして!コメントいただけてうれしいです♪

え~、ちたさん自身が一卵性の双子で、さらに一卵性の双子くんのママだなんて、びっくりしました~
一卵性は遺伝しないって聞いてたので。

義両親がドイツにお住まいになってたんですか。
ちたさんもドイツにこられたんですね~。どの辺りをまわられたんでしょうか?

サービス大国日本にいるとすべてが悪く見えちゃうのかもしれませんが、それにしても・・・ってことが多いです。

後ほどちたさんのブログにもお邪魔しますね!

みのりさんへ

きっと彼らはサービスの必要性もわかってないんでしょうね。
サービスしてもしなくてもお給料は一緒なんでしょうし・・・

みのりさんはアメリカで鍛えられたんですねー。
確かに黙ってると今回の私みたいに丸め込まれます。
でももう無駄な戦いは避けたいとも思う私、年とったのかも?(笑)

パパの両親はハイデルベルグに住んでいました、ドイツは町並みが綺麗ですね
そして夜になっても空が明るいままなので驚きました!

両親との初顔合わせで体調を崩しましたが。。。パリやスイスに案内してもらい、感動しっぱなしでした
また行ってみたいです♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachi.blog20.fc2.com/tb.php/230-d9a62938

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。