Lilypie 4th Birthday PicLilypie 4th Birthday Ticker

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんねトレーニングのお話 

ねんねの話の続きです。

昨晩ですが。

なんと、ふたごっち、2人揃って朝まで自分たちのベッドで
寝てくれました‼

いやー、年末以来の快挙です

それでもって、今日もかなりすんなりと寝てくれ、
今のところたいした夜泣きもせずに寝ています。

もしかして、鼻づまりがやっとこさ収まってきたから?
なんでしょうか?
ただ、なみは昨日あたりからコンコン咳が出始めて、寝ている間も
咳き込むことがあって、いつ起きるかヒヤヒヤものです。

「ねんねトレ」を断行しようと1人息巻いていた母としては、出鼻をくじかれたようで、
うーん、トレーニングする必要ほんとにあるのかなぁと迷うところですが、「ねんねトレ」をしたいと思ったのには「ぐずり」以外の理由があるんです。

以前から書いてる、ふたごっちお気に入りのマグ
これで水を飲みながらいつも眠りに入るのですが、マグといっても
ついているのは哺乳瓶と同じ乳首。
ミルクは卒業したし、スパウトもストローも今じゃクリアした2人ですが、寝るときはこの乳首つきのじゃないとダメなんです。

つまりは哺乳瓶を卒業できてないってこと。

寝付くまでに水をたくさん飲むので、いまだに夜中に1ー3回おむつ
をかえてる始末(´-ω-`)
これじゃトイレトレも永久にできそうにありません。


ということで、ぐずり対策というよりも、この哺乳瓶対策という意味で
やっぱり「ねんねトレ」は必要と判断しました。

昨日私がなんとなく思い出したこの「ねんねトレーニング」ですが、
この本で紹介されているものでした。

赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣
アネッテ・カスト・ツァーン ハルトムート・モルゲンロート 古川 まり

456963219X
PHP研究所 2003-11-08
売り上げランキング : 994
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実はこの本は、ドイツ人が書いたものでドイツでも有名なんだとか。

私としてはドイツ語で本を読むのは面倒なので、日本語訳を取り寄せたいところですが、そんなことしたら数週間経ってしまい、その頃にはこの決意も鈍ってしまうかもしれないので、とりあえずネットで情報収集してみました。

わかったこと:
寝る前に、本を読んだり、歌遊びをしたり、なんでもいいので寝る前の儀式を習慣づけておく。
まだ目が覚めている間にベッドに連れて行って、とりあえず1人にして部屋をでる。それまで寝かしつけに使っていたおしゃぶり、哺乳瓶などは一切与えない。
子供が泣き始めてもすぐに行かないで、3分待つ。3分後、子供の側に行って、優しく「ママはここにいるよ。頑張ってひとりでねんねしようねー」などと話しかけたり、体をさすったり。
でも抱っこはしない。2分経ったら部屋を出る。
まだ泣き続けていたら、今度は5分待つ。2分側にいたら部屋をでる。
次は7分後。これを子供が寝つくまで延々続ける。
2日目は待ち時間を5分から始めていくのですが、最大10分まで。

…かなりいい加減な要約ですが、こんな感じでトレーニングは進んで
いくようです。
そして、赤ちゃんは「泣いてもすぐにママが来る訳ではない。泣いても意味がない。でもママに放っておかれている訳じゃない」ということを理解して、そのうちに1人で寝るようになるんだそうです。

だけど、もちろん本当のところはわかりません。
もしかしたら、赤ちゃんは泣いても泣いてもママが来てくれなくて、
そのうち寂しさの中、あきらめて眠りにつくのかもしれません。
それが赤ちゃんにとって決していい影響を与えるとは思えない。
このトレーニング法に否定的な人もたくさんいます。

正直、私も迷うところです。

長い間泣かせることが子供にとっていいことなのか。
結局私が耐えられないかもしれないし。
言葉がもう少しわかるようになったら、言い聞かせたら案外すんなり
哺乳瓶は卒業できるかもしれない。
(夜中のおむつ替え以外は害はないと思われます)

うぅぅーーーーーん

散々悩んだ末の結論。

我が家の場合、寝る前の儀式のようなものがなかったから、
とりあえず絵本を読むことを習慣付けてみる。

今週は寝かしつけにいつもの水入りマグをあげる。

マグが空になったりして泣いてもすぐに行かないで、トレーニング
通りに待ち時間をとってみる。
夜泣き・昼寝のときも同様。

これを1週間続けてみて、1週間ずっと寝つきがよかったり、
夜泣きが減ってくるようだったら、次の週マグなしでやってみようかと思います。(たぶん大暴れだろうなぁ…)

物事を楽な方に楽な方にと運ぶクセのある母の性格が、そのままでちゃってるなんとも中途半端な計画ですが、このくらいお気楽にしておかないと煮詰まった時に怖いのでよしとします(笑)。

気が向いたらドイツ語版でも読もうかな…ボソッ



参加中のランキングです。
よかったらクリックしてね♪

 ふたごランキング投票
スポンサーサイト

コメント

要約!と言うよりは、
かなりわかりやすい箇条書き!!!
ありがとうございます♪
勉強になりますー。
とはいえ、泣き叫ぶのに一人にっていうのは
私もくじけそうです。
そこまでは、なかなか出来ないかな・・・。
徐々に慣らす程度ってことで私も
サラに少しづつわかってもらおうかな・・・。

ねんねトレーニング

こんにちは。
ねんねトレーニングっていうものがあるのですね。
初めて知りました。
リー君は月齢が若いのでまだまだ寝たい方がかっているのだと思うのですが、入院中に添い寝の習慣がついてしまって、今治そうと思っています。
最初は私たちのベットで一緒に横になって、部屋を暗くして身動きせず話しもせず見守っていたら、ごそごそして30分位で寝てくれるようになりました。
それから自分のベットへ運びます。
臭いとか体温のぬくもりとか、体で感じているのかな?とも思うのですが、やっぱり最初から自分のベットでは寝てくれません~。
経過をまた聞かせてくださいね。
頑張りましょう~☆

うわーーーーー

ねんねトレ、結構過酷ですねーーー
子供にとっても親にとっても( ̄▽ ̄;)
うちのゆうりは、眠たいとかに関係なく
一人にされると寂しくて泣く人なので、超ーー難しそうーー(T-T)うちもどうしようかなーーーー悩むーーー└( -_-)┐┌( -_-)┘

おはようございますっ♪

ネンネトレーニングっ!!!
我が家も必要ですっ!
おぅくん、4歳になるのに、寝かしつけにこまっていためるでした♪
グッドタイミングに色んな情報、たすかっちゃいましたぁ~~っ!!

PS.TBできなかったのですね。。
ごめんなさいねっ♪
よかったら、もう一回だけ試してみてね
Σ(T▽T;)

ドイツ語の本は「Jedes Kind kann Schlafen lernen」だよね。
うちにも実はあるけれど、どこにあるっけ?という感じ(笑)
中身を読まなくても、章ごとのまとめ?を読めば、だいたい内容が掴めてしまうような本だったよ。見付かったら、貸すね~。
これを全て実行する事はないと思うけれど、やはり効果はあるみたい。
泣かせっぱなしって、最初は抵抗あるよね。。。
いくら本に「子供はこう思っている」と書かれていても、そんなの子供じゃないからわからないし、子供だって一人一人違うしね。
ちゃーちさんにとって、一番良い方法が見付かるといいね。

marieさんへ

こうして箇条書きにしてみると、簡単にいくような気もしますが、実際、子供が泣き叫んでる間の3分間ってものすごーく長く感じられて、よっぽどの決意じゃないと難しいと感じました。

ひとそれぞれ、子供の性格等にあわせて、スタイルをいろいろかえてやっていく方がいいと私も思います。

nsmeguさんへ

入院などの後は、甘えん坊になるって話はなんどか聞いたことがあります。

ベッドで添い寝をしてるんですね。
うちの2人は大人のベッドに乗ると嬉しくて興奮しちゃって添い寝にならないんです。
しかも私一人で2人をなだめすかすのも難しいし、目を離してるとベッドから落ちそうで…

添い寝とはいえ、ただそばにいてあげるだけでひとりでねんねできるリー君、えらいなぁ。

harukaさんへ

さらっと書いてある割りには、けっこう過酷ですよね。
泣いてる間の3分間、ほんとに長く感じました。

ゆうりちゃん、後追いの時期なんでしたっけ?
悩みますねー。
私もすでに決意がにぶり始めてます(笑)

めるさんへ

おぅくんにねんねトレーニングっ?!

おぅくんはいつもめるさんと一緒にねんねなんでしょうか?
めるさんみたいな素敵なママだったら、いつまでも一緒に寝たいーって私も思っちゃいますよーーーー

お言葉に甘えて、もう1回TB送ってみたら送れました‼
お騒がせしました<(_ _)>

ぐりゅんさんへ

そうそう、その本!
ぐりゅんさん、持ってるんだー!

まとめみたいのがあるなら、ささっと読めそうだね。
見つかったらお願いします~!

やっぱり効果はあるんだねー。
でも、ほんと子供のほんとの気持ちなんてわからないし、知らない間に悪い影響を与えていたらと思うとねぇ。
まぁ、そんなこと言ってたら子育てなんてできないんだけどね。

自己流に頑張ってみます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachi.blog20.fc2.com/tb.php/150-bbd5e0d6

海外のベビー服って

ベビー服関係の仕事をしていると、ふと思うことがあるのです。日本ではこの色、売れないなー。こっちはヨーロッパで売れそうなデザインだなー・・・果たして??実際海外にい
  • [2006/01/16 10:56]
  • URL |
  • ベビーパレス-店長日記- |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。