Lilypie 4th Birthday PicLilypie 4th Birthday Ticker

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森週間。 

りな・なみが幼稚園に通い始めて早2ヶ月経ちました。

結局2人一緒のクラスなんですけど、そのクラスは今週は

『Waldwoche』

訳して

『森週間』


字のごとく、1週間を森の中で過ごすんです。

子供たちは防水・防寒着をしっかり着込んで、森の中でみんなで朝ごはん食べたり、遊んだり。


初日の月曜日。
いつもの時間にお迎えに行くとみんなすでに森から帰ってきていて、
りな・なみはすっかり泥んこ状態。

着替えさせていると、なみが、
『なみ、ないちゃったの』という。

なんで泣いちゃったのかは教えてくれなかったのですが、帰り際、
先生に呼び止められて、衝撃の報告をいただきました。

なみは森までの道中、なかなか歩かなくて、呼んでも来ないし、無理に連れて行こうとすると大泣きして大変だった。
りなも最初なかなか歩かなかったらしい…

限られた時間で森に行くので、こういう風に時間を取られちゃうと影響がでてしまう。
もし明日も同じようなら、今週は自宅待機にしてもらう。


。。。。もうショックでしたよ。
自宅待機なんて。

とりあえずなみに話を聞いてみると、
『なみ、ねむかったの』だって。

それから、その日中、何度も何度も

お友達と一緒に歩こうね、
一緒に歩かないと連れて行ってもらえなくなっちゃうんだよ、
明日は泣かないで先生とおててつないで歩こうね~

言い聞かせました。
が、ちゃんとわかってるのかイマイチわからない。
私は私で悶々とした1日でした(泣)


そして翌日。
幼稚園に連れて行って、別れるときも再度確認。
あとは本人たちに任せるしかない。

落ち着かない午前中を過ごしてドキドキしながらお迎えにいくとちょうど園の前で戻ってきた子供たちと遭遇。

そして。

先生が開口一番。

『今日は2人ともすごくいい子でしたよー ずっと手をつないでちゃんと歩けました』

そしてなみも嬉しそうに
『なみ、なかなかったよ』って。

あぁ、ちゃんとわかってくれたんだなぁって。
なんかものすごく嬉しくて。
母は感動したのでした。

そしてもちろん、自宅待機を免れてε-(´∀`*)ホッ。

それ以来、今日の金曜日まで、小雨の降る寒い日もあったけど
なんの問題もなく森週間を無事終了することができました

なみは毎日ポケットいっぱいに小石を集めてきてちょっと困りモノでしたけどね。

最終日の今日はこんなものを作ってきました。

20071102232438.jpg

中は2人ともほとんど殴り書きのお絵描きなんですが、ところどころ『これはウサギ』とかって先生の注意書きが書いてあって、先生とお話しながら楽しくお絵描きしたんだろうなぁなんて思うと、初日の大打撃も救われたような気がしました。

これからもきっといろいろ問題起こしてくれそうな2人ですが、それでもこうやって少しずつでも成長していってくれるんですよね。
もっと子供たち信じて、あまり一喜一憂しないで大きく構えていきたいなぁと思えた出来事でした。



参加中のランキングです。
よかったらクリックしてね♪

   ふたごランキング投票   
海外で子育て☆         双子がいっぱい♪
スポンサーサイト

幼稚園の面談に行ってきました 

20070610000047.jpg
先日の記事で幼稚園の入園が決まったと書きましたが、市からの手紙には幼稚園の園長とコンタクトを取って面談するようにと書いてあり、昨日の金曜日はマメくんが休みだったので早速面談をしてもらうことになりました。

写真は幼稚園の正面玄関です。
子供用の自転車が止めてあったので、自転車に乗って通ってる子供もいるのかな?

面談といっても、申込書や料金についての説明なんかでふたごっちは出番なし。
2人はボールプールやおもちゃが置いてあるホールでずっと遊んでました。

りな・なみはこの幼稚園で8時から12時まで過ごす予定です。
とはいっても、朝は9時ごろクラスごとに集まってホームルームのようなものがあるのでそれまでに行けばいいみたいです。

ドイツには幼稚園や学校に(会社にもあったりします)『朝食休憩』なるものがあって、通常は家から軽食を持参するのですが、ここの幼稚園では朝食を用意してもらえます。
家で朝食を摂らない子は早くに来てしっかり食べればいいし、家で朝食を済ませてきた子は朝食は10時までなのでその間に果物をちょっと食べたり自由にしていいそうです。

朝食を準備しなくていいのは大助かりですけど、先生がそばにいてチェックするわけでもないので、りな・なみはパンはろくに食べずに大好きなハムばっかり食べるんじゃないかとちょっと心配だったりもします。

クラス分けのことでいろいろ考えたのですが、やっぱりふたごっちは同じクラスにしてもらうようお願いしました。
お腹の中にいるときからずーっと一緒で、朝起きたらまず相方のことを探すくらいお互いがかなり気になる存在の2人が、幼稚園というまったく新しい環境に入るだけでも大変なのに、いきなり離れ離れになってしまうと精神的ストレスが大きすぎるんじゃないかというのがその理由です。

園の方針は別々でということらしいですが、両親の希望にはできるだけ沿うとの返事でした。
ただ、クラス編成の都合もあるのでギャランティーはできないそうで。
特に私たち(主にマメくんですが)は、この幼稚園にある、障害を持った子と持っていない子が一緒の特別クラスを希望していて、そこは定員が少ないので2人一緒は難しいかもしれないってことなんです。
姪っ子がこのクラスに通っていて(彼女は障害ではないけど重い病気をもっていました)とてもよかったとマメ姉からも薦められてるんですよね。

私としては、もし1人だけしかこのクラスに入れないのなら、特にこだわらないで別のクラスで一緒にしてもらいたいなぁと思ってます。
なんか1人だけ特別な経験をさせるのはどうかなぁと思って。
もちろん双子だからって同じ人生を歩む訳ではないんだけど、まだ自分の意思で決定できないうちはあまり大きな差をつけたくないんですよね…


20070610000108.jpg最後に体操室を見せてもらい幼稚園を後にしようとしても帰りたがらないふたごっち。
相当気に入ったようです。

食事をする部屋の前にかわいいテラス席がでてました→



面談の後、近くでやっていた蚤の市に寄ってみました。

続きを読む前にポチっとしてくれると嬉しいです♪
   ふたごランキング投票   
海外で子育て☆         双子がいっぱい♪
続きを読む

幼稚園入園決定!! 

20070519014036.jpg
最近突然はまった多肉植物。
ネットオークションでたくさん安く仕入れたので寄せ植えにしてみました☆
あんまりセンスないですが…自分では気に入ってます♪
テラスに飾ってるのですが、ふたごっちの餌食にならないことを願うばかりです…

さて、折に触れて書いていますが、ふたごっちは今年から幼稚園に通う方向で、去年から申し込みをしていました。
ドイツでは満3歳になった時点で、幼稚園に空きさえあれば随時入園できるシステムになってますが、普通は新年度の始まる9月に小学校に上がる子が出るのでその頃に入園することが多いようです。
日本のように入園式などないので、実際いつ入園できるのかわからないでいましたが、本日晴れて正式に入園を許可する通達が届きました。
ということで、

9月1日より、ふたごっちは幼稚園生になります

こうなったからには、トイレトレにも気合入れないといけないのですが、それより気になっていたのが、ふたごっちが幼稚園でやっていけるのかということ。
実はふたごっち、いまだに私かマメくんなしで1時間たりとも他の誰かに預けられたことがなかったんです。
とても懐いているおじいちゃん、おばあちゃんにさえもです。

なので、幼稚園前に少し鍛えとかないとな~と近所にある託児所にちょっと入れてみようかなとも検討したのですが、空きがなくて断念。
一度マメ母に預けて、マメくんと私、出産以来したことのなかった2人で外食をしようって話もあったのにヘルニア騒動でこれも実行されずじまいだったのですが、先日またとないチャンスが到来

去年から週1回通っている幼児教室なんですが、最近子供たちが同じ部屋で離れて見ている母親のところに行ったり来たりで落ち着かない状態を先生が改善したいということで、母親は別の部屋で待機することにしたらどうかという提案があったんです。

ふたごっちもよく私のところに来ては、お水飲みたい、お煎餅欲しいとうるさかったりするのでもちろん私は賛成。
そしてこの水曜日に実行されました。

2日ぐらい前からふたごっちには、『お母さんはバイバイするからね』と言い聞かせていたせいか、教室についてからいきなり笑顔で『バイバ~イ!』
別れは非常にあっさりしたものでした。

それから1時間、1人のお母さんが呼び出されただけで無事終了時間間際を迎えてみんなで戻ってみると…

りなの泣き声が聞こえる

ありゃ、やっぱり最後の最後でだめだったか~と思いきや、どうも足の上に椅子を置いてしまったようで痛くて泣いていたのでした(笑)
結局先生には詳しく聞けなかったけど、2人とも楽しくやっていたようで母としてはかなり拍子抜け。
まぁ、1年以上も通っている教室で、先生のこともよく知ってるし(ちなみに彼女はマメくんの従姉)、1時間だけなので当たり前といえば当たり前なのですが、通い始めは私が一緒にもかかわらず教室に入る前から大泣きされて、なかなか他のお友達と一緒に歌遊びなどできず、今年に入ってからやっと楽しんでるなぁと安心して見ていられるようになったぐらいなので、ここまで成長したふたごっちに感無量です。

これなら幼稚園もそれほど心配することないのかなぁ。

そう思うと、なんだかふたごっちが親離れしていくようで一抹の寂しさも感じちゃうから、親心って複雑(勝手?)なものですね。

最後に、幼児教室では↓こんなことやってます。




参加中のランキングです。
よかったらクリックしてね♪

 ふたごランキング投票

幼稚園見学 

昨日の月曜日。
仕事がちょっと暇(オイオイ)だとかで、マメくんは休みを取りました。

で、この機会を使って、年末に風邪で中止になっていた
幼稚園見学に行ってきました。

本当は2箇所見学したかったのですが、アポが取れたのは1箇所のみ。
家から徒歩だと30分近くかかる場所にある幼稚園です。

前回見学した幼稚園はプロテスタント系でしたが、ここは市立の
幼稚園。
市内の中では比較的新しくて、園舎も庭も大きくて立派。
たまに散歩で通りかかる度に、いいなぁと思っていたところでした。

20060124235940.jpg迎えてくれた園長先生は、40代位の優しい雰囲気の女性。
エントランスを入った先に、ちょっとした広場があって、その周りに教室がいくつかあるという作りになっていました。
この広場は、クラスに関係なく一緒に遊べる遊び場だそうで、木の天井から自然の光が入ってくるデザインが目を引きます



ドイツの幼稚園や学校には、午前中に「朝食休憩」というものがあります。
普通朝食は家で食べるものだと思うのですが、この休憩時間には「朝食」をみんなで食べることになってます。
(会社でもこの朝食休憩があるところもあります)

一般的には、子供たちは家からサンドイッチやヨーグルトなどのお弁当を持ってくるのですが、ここでは幼稚園が用意するとのこと。
みんながみんな同じものを食べることで、変な比べっこなどを避けるためみたいです。

親としては楽でいいのですが、実は、この朝食には絶対おにぎりを持たせるんだ!と決めていた母。
ドイツパン、ソーセージ、きゅうりの輪切り、そしてチョコクリームらしきものがテーブルに残っているのを見て、ちょっと複雑です。

「食」に関しては、かなりいい加減なドイツ。

幼稚園の給食を食べるようになったら、野菜嫌いになった…なんて
話も耳にしたことがあります。


他の特徴はといえば、この幼稚園にはひとクラスだけ、障害を持った
子供と健常な子供が一緒のクラスがあること。

この点は、マメくんも私もいいなぁ、と思いました。

幼稚園にはおそらくいろんな国籍の子供たちがいます。
ふたごっちも日独のミックスで、周りのお友達とは明らかに見た目が
違います。
そういった言葉や肌の色の違いと同じような感覚で、障害を持った
子供たちとも自然と触れ合い、受け入れられるようになるんじゃないかと考えてます。

ただ、このクラスに入るかどうかは、入園が決まってから幼稚園側と
両親で話し合ったり、子供の性格なんかも見て決めるようです。


…といったようなことは、実は後からマメくんに聞いたこと。
園長先生が幼稚園を案内しながら、こういったことをいろいろ説明していた間、母はいろんな方向に駆け回るふたごっちのお守りに奮闘してました(笑)

20060125000011.jpg2人とも優しいお兄ちゃんに気に入られて、頭をなでなでしてもらったり、終始ご機嫌でした。
見学後は、幼稚園を出るのを嫌がって泣くほど気に入ったようです。

うーむ、気になるのは「朝食」と家から遠いってこと。
通うとなると車で送り迎えです。

マメくんはとても気に入って、この幼稚園に申し込もうと言ってますが、私としては予定していたあと2件もしっかり見学してから決めたいなぁ。

どこも一長一短があるのは仕方ないのかな…



参加中のランキングです。
よかったらクリックしてね♪

 ふたごランキング投票

幼稚園選び 

まだ残っていた有休を使って今日から4連休のマメくん。
この機会を使って前からしようと思っていた幼稚園の見学
することにしました。

ドイツでは子供が3歳になるといつでも幼稚園に入れます。
とはいっても実際には小学生に上がる子どもが抜けて空きが出る
9月に入園することが多いです。

それまでにお目当ての幼稚園を見つけて登録しておきます。
少子化のドイツ、幼稚園の空きなんていっぱいあると思いきや、
やっぱり人気のある幼稚園はすぐにいっぱいになってしまうので、
なるべく早く登録しておく人も多いんです。

うちは2人だし、近所に新興住宅地ができて子供が増えたようなので早いに越したことはないだろうとまずは幼稚園を見学することにしたわけです。

手始めに今日金曜日はうちからあるいて5分もしないところにある
カトリック系の幼稚園にアポをとって見学してきました。

幼稚園の教室2クラスしかない小さな幼稚園です。
教室内には写真のような家みたいな遊び場がありました。
もっと写真撮りたかったんですが、教室内をうろちょろしてあちこちでクリスマスのデコレーションを破壊したり、ゴミ箱をあさったりするふたごっちを追いかけるのに必死でした~(汗)

でもこのそれほど大きくもない教室で1クラス20名近くが過ごす
という話を聞いて、ちょっと窮屈だし、人数も多すぎるなっていうのが
感想。
先生はとってもフレンドリーだったんですけどね。

ちなみにドイツの幼稚園のクラスは縦割りが基本。
年齢の違う子供たちが同じクラスになって、大きい子は小さい子の
面倒を見てくれたりするそうです。
日本でも最近そういうのあるんだそうですね。

給食あり、なしで選べたり、なしにしても前日までに言っておけば
給食を用意してくれたり、14時までなら延長も可能ってところは
気に入ったんですけどね。

1クラス20人はやっぱりちょっと多すぎ、だなぁ。

月曜日は2つの幼稚園を見学予定。
楽しみ、楽しみ。



参加中のランキングです。
よかったらクリックしてね♪

 ふたごランキング投票
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。